透き通る白い肌は人生に有利

「色の白いのは七難隠す」ということわざはご存知でしょうか。
簡単に説明すると、肌が白い女性というのは美しく見え、多少ほかに醜い点があったとしても隠すことができる、という意味です。
昔から日本人は色白の肌が美しいとされてきました。

 

現在でも多くの男性は、女性は透き通る白い肌が最も美しいと考えている節があります。
美白を手に入れることによって、美しい肌だけではなく、人生そのものも有利に事が運ぶこともあるでしょう。

 

■就職活動でも有利に働く
例えば新卒の就職活動。
大学四年生の春頃から本格的にはじまり、早い人で夏もしくは秋には内定を貰って、残りの学生生活を満喫することができるでしょう。
就職活動で企業から内定を貰うためには、いくつもの面接を受けなければなりません。
身なりはもちろんのこと、女性では長い髪は顔を隠さないように後ろで結んだり、すっぴんではなく社会人として自覚ある化粧をすることが必要となります。

 

例えば集団面接で、夏に日焼けしてきた人はすぐに分かりますね。
日焼けはメラニンの過剰分泌によって起こる現象なので、肌が弱く、化粧ののりもよくありません。
また、小麦色の肌は、色白肌の方と相対的に見ると、どうしても印象が暗くなります。
対して色白の綺麗な肌を持っている方は、薄い化粧だけでも顔に透明感があり、美しく写ります。
流行に惑わされず、なにが正しいのかがきちんと分別がつく知的な女性に映ることでしょう。
当然面接官に与える印象も段違いです。

 

男性の面接官には、管理職クラスの年配の方もいます。
彼らは採用の決定権者でもありますので、彼らに対して自分を売り込む必要があるのです。
そして、往々にして、彼らにとって美しい女性というのは「清楚」、「知的」、「黒髪」、「白い自然の肌」といったイメージが根強く残っています。
日焼けした肌で面接に望めば、「君は来年から社会人になるんだけど、大丈夫?」と首を傾げられてしまうことでしょう。

 

■異性にモテるのは白い肌
某大手のアパレル会社が、男性に対して『女性に求める肌』の意識調査を実施しました。
対象は20代から30代の社会人男性が中心です。

 

その結果では、1位が「白い肌」で、2位が「化粧はほどほどのナチュラルメイク」となりました。
一方ワースト1位が「日サロなどで無理やり焼いたガングロ肌」で、続いて「ニキビ顔」でした。

 

「白い肌は不思議と美人に見える」(28歳/企画/商社)
「メイクアップ化粧は厚くない方がいい。厚いとどんな美人でもけばく見える」(31歳/営業/代理店)
「ニキビとかがない白い肌だったら、美人でなくても2割増しに見える」(24歳/講師/教育)
「毎年日サロで焼いている女友達がいるけど、正直それは学生のうちにしてほしい」(38歳/社長/自営業)
「ニキビがたくさんある女性を見ると、肌の管理とか生活習慣がよくない感じがする」(26歳/営業/不動産)
「白い肌の人は、メイクアップはいらない。自然な肌が一番綺麗」(29歳/マーケティング/アパレル)

 

このような意見が多く見受けられました。
共通して言えるのは、白い肌であれば、メイクアップ化粧など余計な小細工は必要ないということです。
つまり、美白を強調するだけで、美しく見えるとも言い換えることができます。

 

社会人になると、さまざまな対人関係に悩まされることになります。
会社の先輩や上司との飲み会や、得意先との接待、営業など、年齢や役職はまちまちです。
そんなすべての男性に好印象を持ってもらうためには、美白を心がけることが一番の近道と言えるでしょう。
これは、社会で生きやすくなるとも言えます。
異性にモテて、会社で活躍し、誰からも重宝される存在になるためには、まずは美白を目指してみるのはいかがでしょうか。