美白の天敵はメラニン

メラニンと呼ばれる細胞はご存知でしょうか。
これまでも何度かご紹介しておりますが、日光浴や日サロで肌を小麦色にする際は、このメラニンの反応をコントロールすることとなります。

 

■メラニンが肌の色を変える
人の肌の奥には、毛を生やす毛母細胞があります。その細胞の近くには、『メラノサイト』と呼ばれる色素細胞も共存しています。
このメラノサイトはメラニンを生成する働きがあり、メラニンの持つ色素は主に褐色となります。

 

普段は肌の奥の目に見えないところで生成されているメラニンですが、ある条件を満たすと、そのメラニンが過剰に生成されることとなります。
その条件が『紫外線』なのです。
紫外線を受けると、メラニンは過剰に分泌されます。
分泌されたメラニンは序々に肌表面に向かい押し上げてきます。
すると、褐色の色素を持つメラニンが肌表面に近づくことによって、肌は褐色に映るのです。

 

若い時代では日焼けしたあとは皮がパリパリととれて、新しい肌色の肌に生まれ変わりますね。
これは肌のターンオーバーです。
しかし、年齢を重ねるごとに、このターンオーバーがうまくいかなかったります。
すると、メラニンは肌に癒着することになります。それを『色素沈着』と呼びます。
色素沈着を起こした部分というのは、茶色いシミやシワとなり、ずっと残り続けるので、当然美白の敵となりますね。

 

■メラニンは本来は味方
「じゃあメラニンなんてなくなればいいのに」
とお考えの方もいますね。
しかし、メラニンは本来人間が健康に生きていく上では、とても重要な細胞の一つなのです。
先ほどメラニンは紫外線に反応するとご説明しましたが、これはそもそもなぜでしょうか。
実は、メラニンや人の体毛というのは、紫外線という人体に悪影響を及ぼす光線を吸収する力を持っています。
もしメラニンや体毛がまったくなかったらどうでしょうか。
おそらく、多くの人が紫外線による皮膚がんを患うこととなるでしょう。
例えば、体毛を永久脱毛したあとは炎症や肌荒れを起こしやすいですね。医師からも「紫外線は避けてください」と言われるはずです。
これは体毛がなくなることによって、紫外線から体が守れなくなっているからです。

 

日光浴や日サロで紫外線を多量に浴びた結果を考えてみましょう。
メラニンは紫外線を吸収しつづけますが、やはり限界があります。
これ以上吸収できないところまでいくと、メラノサイトは防衛反応を示し、さらにメラニンを生成することとなります。
これが日焼けの正体です。

 

日焼けをした肌は、触ってみるとよぼよぼになりますね。
こちらは肌の水分が蒸発しきってしまっていることが原因です。
日焼けを嗜むのも夏の楽しみ方の一つかと存じますが、肌にとってはいいことはなに一つとしてないことは覚えておくようにしましょう。