MENU

日本で美白ブームが再来

 

 

一昔前まで、高校生を中心とした若者の間で「ガングロ」が流行りましたね。
町を歩いていると、いまだに時折見かけることもあります。
また、夏になると綺麗に小麦色に焼きたいために、わざわざ日サロに通う女性もいるのではないでしょうか。
日サロにしろ、メイクアップによるガングロにしろ、2014年現在の日本ではちょっと遅れたファッションスタイルと言えます。
なぜなら、現在日本人女性の間では『美白』がブームだからです。

 

もっとも、90年代にも美白ブームは起こっており、美白を牽引していたのが鈴木その子さんでしたね。
あそこまで白いと逆に気味の悪いものがありますが、美白の美しさを追求していたという点においては、彼女が第一人者と言えるでしょう。
黄色人種である日本人は、もともとガングロにも美白にも化粧一つで簡単になれる肌を持っているのが特徴でした。
しかし、これから当サイトでも口を酸っぱくしてご説明しますが、ガングロや日焼けというのは、肌に多大な負担をかけるのです。
どのくらいの負担かというと……「美しい肌を二度と取り戻せないくらい」、あるいは「30代でシワとシミだらけの顔になるくらい」です。
ここまで言えば、例え10代の若い女性でも「それはまずい」、「できるだけ長く若さを保ちたい」と考え直すのではないでしょうか。

 

2000年代に入るとガングロブームが序々に衰退し、2014年現在では化粧品のCMと言えば美白を謳うものばかりが目につきます。
ショッピングセンターの化粧品コーナーに行っても、通販サイトを見ても、どこも美白をPRした商品が目立ちますね。
日本女性は昔からおしろいを塗る文化があるように、美白の歴史は平安時代まで遡ります。
日本人女性の美の秘訣は美白だったのです。
現在は時代回帰と言いますか、再び美白ブームが再来していますね。

 

■美白ブーム再来の要因
美白ブームが訪れたきっかけは、紫外線による肌へのダメージを謳う健康番組が多くなったことが挙げられます。
紫外線は皆さんが想像している以上に、肌に深刻なダメージを与え、それは場合によっては二度と取り戻すことができない肌ダメージにもなります。
美白の大敵であるシミやシワというのは、一度発生してしまうとご存知の通り消すことが非常に困難です。
ですので、日頃から肌ケアをして、シミやシワの発生を極力遅らせる必要があります。

 

10代20代のうちは肌が瑞々しく、もっちりとしていますね。
「私は30代でもこの肌を保てる自信がある」という方もいらっしゃいますが、実際30代になると、自分でも驚くスピードで急速に肌の衰えを実感することになるでしょう。

 

現在の美白ブームにのっかって、美しい健康肌を作り、異性からも同性からも憧れの眼差しで見られることを目標にしてみてはいかがでしょうか。