キレイなお肌を保つ為の日常生活における美白予防対策記事一覧

 

「美白を目指して日々奮闘中」そう意気込む女性の中には、もしかしたら『喫煙者』もいらっしゃることでしょう。しかし、喫煙はお肌にとって悪いことばかりです。せっかく値の張る化粧品を使っても、規則正しい生活習慣をおくっていても、喫煙一つですべてが台無しになってしまうかもしれません。■喫煙がもたらす肌の影響「喫煙をすると体に害がある」「煙草は肺がんの原因」ということは勝手知ったるところですが、ではお肌に与え...

 
 

肌はその人の体調を表す重要なシグナルでもあります。特に女性はホルモンバランスや自律神経の乱れが肌に表れやすいので、日々の体調管理には十分気をつけたいところです。今回ご紹介するのは、『睡眠』です。誰もが毎日行う行為であり、美白を求める女性にとっては、とても重要なポイントともなります。■睡眠とお肌の関係睡眠不足が続いた朝は、化粧ののりが悪かったり、肌がつっぱったり、乾燥していたりすることがありますね。...

 
 

てっとりばやく美白を実現したいならば、クリニックに通うことも手段の一つとして挙げられます。クリニックでは、注射や点滴、外科的手術を用いて治療します。しかし、中には失敗もあり、相応のリスクを被ることも覚えておかなければなりません。■注射による治療はリスクが少ない最近はヒアルロン酸注射やボトックス注射はプチ整形の定番となってきました。美しい姿で挙式に出席するためのブライダルエステとしても人気があります...

 
 

メイクアップ化粧は日本人女性の嗜み、ファッションの一つとして浸透しています。目鼻立ちが薄い人は、メイクアップによってはっきりとした二重瞼、パッチリとした瞳、朱色の頬にすることもできます。また、シワやシミ、ほうれい線を隠す際にも厚く塗る人もいます。10代の頃はファッション感覚で行ってきたメイクアップ化粧ですが、社会人になると、義務感に襲われることもありますね。■社会人の嗜み日本人ほどすっぴんとメイク...

 
 

日本の現代社会に生きる人たちは、世界から見ると「働きすぎ」と揶揄されています。1日10時間以上働いていたり、女性でも肉代労働を強いられることも多々あります。対してストレスもなく自由気ままに生きている人というのは、彼女たちに比べると見た目年齢も低い傾向にありますね。日々仕事に追われていると、「顔が疲れてるね」「老けたね」と肌に表れることもあります。どんなに高い化粧品やエステを試してみても、心身がボロ...

 
 

メラニンと呼ばれる細胞はご存知でしょうか。これまでも何度かご紹介しておりますが、日光浴や日サロで肌を小麦色にする際は、このメラニンの反応をコントロールすることとなります。■メラニンが肌の色を変える人の肌の奥には、毛を生やす毛母細胞があります。その細胞の近くには、『メラノサイト』と呼ばれる色素細胞も共存しています。このメラノサイトはメラニンを生成する働きがあり、メラニンの持つ色素は主に褐色となります...

 
 

紫外線と言えば『夏』というイメージがありますね。しかし、紫外線は一年中太陽から降り注いでいるものだということはご存知でしたでしょうか。夏だけ紫外線対策を行い、そのほかの季節は対策を放置していると、思わぬシミやシワなどの肌トラブルに見舞われるかもしれません。■冬でも紫外線対策はしっかりと確かに年間を通して、最も紫外線の量が多いのは6月から8月の夏のシーズンとなります。しかし、紫外線自体は一年中降り注...

 
 

一昔前まで、高校生を中心とした若者の間で「ガングロ」が流行りましたね。町を歩いていると、いまだに時折見かけることもあります。また、夏になると綺麗に小麦色に焼きたいために、わざわざ日サロに通う女性もいるのではないでしょうか。日サロにしろ、メイクアップによるガングロにしろ、2014年現在の日本ではちょっと遅れたファッションスタイルと言えます。なぜなら、現在日本人女性の間では『美白』がブームだからです。...

 
 

東南アジア人の方と言えば、健康的な小麦色の肌をイメージしがちですね。日サロで人工的に焼いた肌とは異なり、極々自然体の肌は常夏の香りが漂います。それを羨ましく思い、夏場はビーチで日焼けを試みる日本人女性もかつては多くいました。しかし、当の東南アジアの人々には、現在深刻な悩みがあるのです。それは「色白の肌になりたい」というもの。■東南アジア人の切実な願望特に10代20代の若い女性を中心に美白ブームが東...

 
 

「色の白いのは七難隠す」ということわざはご存知でしょうか。簡単に説明すると、肌が白い女性というのは美しく見え、多少ほかに醜い点があったとしても隠すことができる、という意味です。昔から日本人は色白の肌が美しいとされてきました。現在でも多くの男性は、女性は透き通る白い肌が最も美しいと考えている節があります。美白を手に入れることによって、美しい肌だけではなく、人生そのものも有利に事が運ぶこともあるでしょ...