シミやそばかすのない肌が美白の秘訣

肌がどんなに白い女性でも、そこに目立つシミやそばかすがあったら台無しですね。
美白とは美しく白い肌を指しますので、シミやそばかすは大敵となります。

 

■若いときの過ちが一生の後悔に
10代の若いときは流行に敏感で、何が正しくて、何が間違っているかをよく考えません。
ガングロブームが到来した時代、多くの女性が日サロに通ったり、ビーチで日焼けしたり、濃いメイクアップで肌を茶色にしました。
これらの行為は当然肌には負担がかかるだけ。
若いうちは肌のターンオーバーも早いので、シミになる前に新しい肌に入れ替わります。
しかし、20代後半から30代にさしかかると、肌の水分量が減少するとともに、コラーゲン、ビタミンCも減り、肌が劣化していきます。
ターンオーバーの周期も伸びて、古い肌が残り続けていると、やがてシミとなり、いつまでも残ってしまいます。
こうして若いときに肌を痛めつけた過ちは、年齢を重ねていくごとに露になっていきます。
「あのとき、日サロなんて通わなければよかった」
「美白を取り戻したい」
「このシミをなんとかしてでも消したい」
そう思うようになって、はじめて後悔するのです。

 

■シミの原因
シミの原因はいくつか考えられますが、中でも最も大きなものが『メラニン』です。
日焼けなどで紫外線を浴びると、防御反応を起こし、メラニンが過剰生成されます。
メラニンが皮膚に浮かび上がると、肌は褐色になるのですが、一部はそのまま色素沈着を起こしてターンオーバーがされないまま残ってしまうことがあります。
それが『シミ』です。

 

また、ニキビや吹き出物などが発生したとき、適切な肌ケアによって完治させなかった場合にもシミとなって痕に残ります。
それ以外にも睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、ストレスによってもシミは顔の至るところに発生します。
シミが主にできるのは、目元、頬、鼻元、口周りで、どこも女性の印象を決める大切な部位ばかりです。

 

■そばかすの原因
そばかすは小さな女の子でも見られたり、白人女性にも多く見受けられます。
そばかすはシミとは異なり、遺伝や体質の要素が強いことが挙げられます。
外部環境、後天的要因に関しては、紫外線に気をつけなければなりません。
また、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCなどを摂取することによって、新たにできるそばかすを予防することができます。

 

■日本人はそばかすが少ない
そばかすと言うと、白人の方や、赤毛の方に多いイメージがありますね。
この認識はあながち間違っていません。
遺伝や体質など先天的要因を除けば、紫外線量が少ない温暖な日本や韓国など東アジアに住む黄色人種が最もメラニン量が安定していると言われています。
対して白人の肌は紫外線に弱いので、多少紫外線を浴びただけでも、メラニンが生成されてシワやそばかすに発展してしまいがちです。
だからこそ、そばかすが多い日本人というのは目立つのです。

 

30代40代になっても、シミやそばかすのない美白肌を維持するためには、日頃の化粧品による肌ケアが欠かせません。
当サイトで紹介している『ディセンシア』のような商品には、メラニン生成を抑えるエスクレシドと呼ばれる成分が含まれており、これが美白の有効成分となります。
シミやそばかすの予防として、当サイトでも積極的におすすめします。