活性酸素を抑えてメラニンの生成を食い止めよう

前回でも少しご紹介しましたが、シミ、シワ、黒ずみの原因となるメラニンは、いくつか生成を抑える方法があります。
その一つが活性酸素を発生させないことです。

 

活性酸素はもともと菌を殺してくれる殺菌効果があるのですが、これが増え続けると、細胞が序々に酸化していってしまいます。
細胞が酸化するということは、細胞の死滅や機能の停止を意味します。
細胞の機能が停止すると、新しい肌が作られませんので、古い角質がいつまでも残ってしまい、そのうちシミやシワ、たるみを作ることに繋がります。
また、活性酸素が増え続けると、それを食い止めるべく新たに発生するのがメラニンです。
しかし、ご存知の通りメラニンも肌を劣化させる働きがあるので、ダブルパンチとなりますね。
メラニンの生成を抑える成分は、当サイトで紹介している化粧品にも含まれていますが、まずは活性酸素の発生を抑える方法を考えてみたいと思います。

 

■活性酸素を抑える栄養とは
活性酸素に対抗するのが抗酸化物質です。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、グルタチオンなどが代表的な栄養として挙げられます。
さらに、身近なところで言えば、『ポリフェノール』です。
お茶やコーヒーが代表的な飲み物ですね。
ポリフェノールを飲み続けている人と、そうでない人とでは、シミや黒ずみの量が異なることが分かっています。

 

■メラニンを排出するのも効果的
特殊な光を照射すると、肌の奥に潜む潜在的なメラニンが分かります。
将来的にシミを作る可能性が高いので、今の時点からメラニンを排出することによって、シミの予防に繋がります。

 

例えば、当サイトでもおすすめしているアンプルールの化粧品には、『薬用アクティブドーミュラ』という美容液があります。
こちらは、潜在的なメラニンに着目して、メラニンを含んだ古い角質を剥がしたり、メラニンの原因となる炎症を防ぐ効果があります。
また、メラニンの元となる紫外線を吸収するフォトニールや、メラニンの生成を抑えるアルプチン、クレアチニン、カムカムエキスなども配合しています。
結局のところ、老化もシミ、シワもすべての根源は紫外線によるところが大きく、それらすべてにメラニンが関与しています。
そのメラニン自体の生成を妨げる成分が含まれているので、この美容液はかなり合理的と言えるでしょう。

 

活性酸素やメラニンを抑えることができなければ、美白は実現しません。
上記の有効成分が含まれている化粧品を試してみてはいかがでしょうか。
いままでシミや黒ずみに悩んでいた方も、アンプルールの化粧品を試したことによって、目立たなくなる期待ができます。