美白に有効な成分とは

当サイトでは、『美白』に焦点を当てて、美白に近づける化粧品をご紹介しています。
しかし、化粧品ならどんなものでも美白の実現をアピールできるわけではありません。
美白を謳うためには、厚生労働省が認可した、美白の有効成分を含んでいなければなりません。

 

■美白の有効成分
厚生労働省に認可された美白の有効成分の一つが『コウジ酸』。
コウジ酸にはメラニンの生成を抑える効果があります。
また、チロシナーゼと呼ばれる黒ずみの元を抗酸化させることで、メラニンとの結びつきを食い止め、シミやシワ、黒ずみを抑える美白効果があります。
それ以外にもAGEと呼ばれる糖化を抑える働きもあることが分かっています。
AGEはたんぱく質と糖質が結びつくことによって発生する物質ですが、これは老化を促進させる成分と言われております。
メラニンとAGE双方を抑えることによって、美白効果が期待できる成分がコウジ酸となります。

 

◇アルブチンが美白効果大
同じく厚生労働省に認められた美白成分に『アルブチン』とよばれる物質があります。
アルブチンはコウジ酸と同様にメラニンの生成を抑えることができるのですが、それだけではなく『肌の色素を薄くする漂白機能』もあるのです。
漂白機能とは、一般的にシミを目立たなくすることを指します。
当サイトで紹介している化粧品にも含まれており、特にアンプルールやビーグレンが豊富です。
アルブチンは商品によっては『ハイドロキノン』という言葉として使われています。
厳密には異なる成分なのですが、双方とも働きは同じですし、漂白機能を備えている点では共通しています。
ビーグレンは特にこのハイドロキノンに焦点をあてており、シミ対策の効果をアピールしています。

 

そのほかにもビタミンC誘導体やルシノール、プラセンタ、カモミラET、エラグ酸、リノール酸など十数種類の美白成分が存在します。
上記に挙げた美白成分のほとんどは、メラニンの生成やチロシナーゼとの結合を抑える働きがあります。
美白化粧品を選ぶ際は、メラニンを抑える成分を必ず確認するようにしましょう。

 

■一定期間は必ず使い続けることが大切
かねてから説明しているように、新しい肌に生まれ変わるためにはターンオーバーが実行されないといけません。
中高年の方は平均45日程度の周期となりますので、最低でも2ヶ月程度は化粧品を使い続けるようにしてください。
化粧品による効果は、現在発生しているシミやシワではなく、これから新しく生まれる肌細胞に効果を及ぼすものと考えてください。
つまり、治療ではなく予防なのです。
ですので、「序々にシミやシワ目立たなくなる」という口コミをよく見かけますが、これはターンオーバーの過程であり、シミのない新しい肌に生まれ変わる途中であることを意味します。
仮に化粧品を使い始めて、シミが一層濃くなったとしても、それは刺激による一時的な副作用の場合もあるため、ターンオーバーが一度行われる45日程度までは続けるようにしてください。
ただし、明らかに肌に異常があるようなら、使用を中断し、皮膚科にかかってください。