食生活を正して美白になろう

美白を実現するためには、一朝一夕ではいきません。
化粧品だけではなく、食事によって、体内から体調を整え、肌の調子をよくすることも大切です。

 

■メラニンを抑える食品
これまでの記事でも、美白の大敵となるシワの主な原因はメラニンと説明してきました。
紫外線を浴びることによって、メラニンが生成され、色素沈着を起こすとシミやシワとなります。
また、それ以外にも、紫外線を受けると、体内で活性酸素が発生します。
活性酸素の量が増えると、肌が酸化し、錆びてしまうことに。
黒ずんだシミが発生する原因になります。

 

大切なのは、活性酸素を抑える抗酸化成分が含まれている食品を摂取することとなります。
抗酸化成分が含まれている栄養とは、『ビタミンE』、『ビタミンC』、『βカロテン』です。
食品群を見てみますと、下記に多く含まれていることが分かります。

 

ビタミンE……茶葉、とうがらし、アーモンド、抹茶、なたね油、マーガリン、あんこうの肝、たらこ、いくら、
また、ビタミンEには血行を良好にする働きがあります。ただし、過剰摂取をすると血液の凝固作用が減少することがありますので注意が必要です。

 

ビタミンC……ピーマン、ユズ、レモン、パセリ、アセロラ、焼き海苔、抹茶、イチゴ、ブロッコリー、柿、キウイ
言わずと知れたお肌の救世主的存在ですね。抗酸化作用のみではなく、コラーゲンを作る大切な栄養でもあります。
ビタミンCが欠乏すると、肌のハリや弾力がなくなり、老化の元ともなります。
食事によるビタミンCの摂取は、そのほとんどが尿となって排泄してしまうことから、サプリや化粧品に含まれているビタミンC誘導体などが有効と言われています。
過剰摂取すると、お肌に発疹を起こすこともあるので気をつけてください。

 

βカロテン……しそ、ニンジン、パセリ、ほうれん草、焼き海苔、とうがらし、わかめ、ひじき、大根、かぼちゃ、小松菜、抹茶
βカロテンは抗酸化作用により、メラニンの生成を抑えてシミとシワの予防があることとして知られています。
それ以外にも、動脈硬化の予防や、ビタミンAが不足した際の変換機能の役割があります。
過剰摂取は妊娠時に胎児に悪影響があると言われております。

 

それ以外にもビタミンB2、亜鉛、セレン、システインなども肌に良いとされていますので、1日の摂取量を守り、食事の献立に組み込んでみましょう。

 

■食生活は長い目で見よう
何十年と染み付いた食生活を急に変えることはできません。
社会人になって一人暮らしをはじめると、食生活は一変して偏りがちです。
仕事が忙しいため、昼はファストフード、夜はコンビニ弁当という日々が続いている方は、慢性的な栄養欠乏症に陥りやすいです。
とは言え、「明日から毎日自炊しよう」という気持ちにもなれなく、また実践しても長続きしないでしょう。
それだけ一度身に付いた食生活に変化をもたらすのは困難と言えます。
最初は週末だけ自炊をするようにして、その後少しずつ回数を増やしていくのがコツとなります。
また、慣れてきたら、上記の栄養を効率よく摂取する調理方法も身に付けていきましょう。
例えばβカロテンは茹でて調理することによって、栄養の摂取効率が上がります。
また、ビタミンEとビタミンCは同時に摂取することにより、ビタミンEの摂取効率が上がります。

 

どうしても摂取しきれない場合は、サプリメントによる栄養補給も可能ですが、過剰摂取だけは気をつけましょう。